自分の性器は大丈夫、そういう人と関係を持たないから大丈夫。そう考えてはいらっしゃいませんか?絶対ということはないのです!ヘルペスはストレスなどでもなってしまうのです。いざという時の為にバルトレックスをお守りの様に持ちましょう。

そもそもバルトレックスとは何なのか

帯状疱疹にかかった人ならすぐにわかると思いますが、病院に行くと治療の時に必ずバルトレックスという薬を処方されます。口唇ヘルペスや性器ヘルペスにかかった時にも、やはりバルトレックスが処方されます。バルトレックスは、これらのヘルペスや疱疹の治療に高い効果を出す抗ヘルペスウイルス治療薬です。発売元は、イギリスの世界的な製薬会社であるグラクソスミスクラインです。もともとグラクソスミスクラインでは、ヘルペス治療薬としてゾビラックスという薬を製造販売していました。そのゾビラックスを、よりしっかりと体内に吸収され、効果が得られるように改良したものがバルトレックスです。この改良によって、服用回数も今までより少なくてすむようになりました。バルトレックスに含まれている主な成分は「塩酸バラシクロビル」というものです。この成分が体内に取り込まれると「アシクロビル」という物質に変化し、ヘルペスの症状を引き起こしているウイルスを攻撃して、増殖しないように働きかけます。このウイルスの増殖は、ウイルスDNAが体内で複製されることによるものですが、バルトレックスには、この複製を阻害する作用があります。抗ウイルス薬を飲まないでそのままにしておくと、ウイルスは体の中でどんどん増殖していくため、症状が重くなります。そのため、一般的には症状が出てから5日以内にバルトレックスを服用することで、ウイルスの増殖を抑えることができるとされています。もちろん、早い段階で服用するほど増殖も抑えられますので、できる限り早めに飲むことが望ましいです。また、バルトレックスは、症状の軽減やウイルスの増殖を抑えるだけでなく、再発を防止するという効果も得ることができます。

性病は自然治癒しない!だからバルトレックスで治療!

バルトレックスは性病の中でもヘルペスウイルスによって引き起こされる性器ヘルペスなどに有効な薬です。適切に服用すればヘルペスの症状の大半を治療することができますから、現代でヘルペスに感染したことが分かった場合にはほぼ間違いなく病院で処方されることになっています。ただ中には「性病で病院に行くのは恥ずかしいから」などの理由で症状があっても放置して自然治癒を待つという人がいるのですが、それは絶対にしてはいけないことです。まずバルトレックスが処方されるヘルペスに関して言えば、確かにほとんどの場合放置されていても2~4週間ほどで症状は治まります。ただこれはあくまでも症状が治まっただけの話であり、その後何の処置もしなかった場合には数週間や数カ月後に全く同じ症状が現れる可能性が高いのです。例えば一年に二回再発するとして、半年ごとに一ヶ月間苦痛を味わいながら自然治癒を待つなどのことはとても現実的では無いでしょう。またヘルペス以外の性病も含めて言えば、性病と言うのは治療されない限り必ず誰かに感染を拡大させるリスクになります。自分は特定のパートナーとしか性行為をしないという人であってもパートナーに性感染症を移すのは関係を維持できなくなることに繋がりかねませんし、その後分かれてお互いが別のパートナーを見つけたということになるとそこで再び性病感染が広がります。性病の中には一生治らないものや妊娠の機能を破壊するものもありますから、「いずれ自然に治るだろうから放置していても良い」というのは「自分以外が性病になることなど知ったことではないから感染を拡大させても良い、それで誰かの一生が壊れても自分には関係ない」と言っているのと同じことです。それはあまりにも無責任というものですから、性病ではないかと思ったときには必ず病院を受診するように心がけてください。

他人に知られず個人輸入でバルトレックスは入手可能!

性器ヘルペスに感染してしまった場合に有効な治療薬がバルトレックスですが、バルトレックスは通常は病院へ行き医師の診断を受けた上で処方せんを出してもらわなければ手に入れる事が出来ない処方せん薬です。ドラッグストアで探してみても市販薬では無いので手に入れる事は出来ないです。しかし、性病に感染した場合にはなかなか人には相談しづらいものであり、病院へ行かずに何とか薬を手に入れたいという人もいます。また、病院が診療している時間だと仕事があるので病院へ行く事が出来ないという人もいます。いずれにしても病院に行って医師に処方して貰うのは何かと不便に感じている人がいるという事です。そうした人たちが病院へ行かずに手に入れる方法としては個人輸入という手段があります。昔とは違って現在はインターネットがあるおかげで世界中の人とやり取りが出来るようになっています。そして自分自身が使用する事を目的として海外の医薬品を輸入する事は一定の範囲内では可能となっていて、バルトレックスも個人輸入でならば手に入れる事は出来るのです。ただ、実際に個人輸入を自分一人で行うのはそう簡単なものでは無く、言葉の問題や税関手続きの問題があります。そうした問題を解消する手段として個人輸入代行業者が運営している通販サイトを利用するという手があります。先ほども説明したように海外の医薬品は自分自身が使用する事を目的として輸入するのは可能ですが、業者が販売目的で輸入する事は出来ないです。しかし、輸入手続きを代行してもらった上で個人輸入する事は認められているので、個人輸入代行業者に通販サイトを利用して依頼するという形になっているのです。通販で購入する事が可能な理由はこのようになっているのですが、買い物をする時には一般的な通販サイトと同じように買い物が出来るようになっています。