自分の性器は大丈夫、そういう人と関係を持たないから大丈夫。そう考えてはいらっしゃいませんか?絶対ということはないのです!ヘルペスはストレスなどでもなってしまうのです。いざという時の為にバルトレックスをお守りの様に持ちましょう。

2016年07月の記事一覧

おりものから見る体内の状況とバルトレックス治療

性行為によって感染する、いわゆる性感染症のなかでも、人体に入り込んだ単純ヘルペスウイルスがもたらす性器ヘルペス感染症というのは、比較的よく見られる病気であるといえます。
この性器ヘルペス感染症にかかってしまった場合ですが、一般には性器やそのまわりに小さな水ぶくれが無数にあらわれて、これがつぶれてただれるなどして、激しい痛みを生じるという症状を呈します。
このような性器ヘルペス感染症に対しては、バルトレックスのような、ヘルペスウイルスに特化してつくられた抗ヘルペスウイルス薬を投与するのがもっとも効果的であるといえます。
バルトレックスが投与されると、ウイルスの増殖が抑制されるようになりますので、やがては不快な症状も改善に向かうはずです。
特に、女性がはじめてヘルペスウイルスに感染した場合には、痛みや発熱がかなりはげしくなることもあるといわれていますので、なおさら早期の治療に努める必要があるといえるでしょう。
このような性器ヘルペス感染症ですが、実は一度症状がひいてからも、まだウイルスが体内に残存している可能性が高いものです。
そのため、仕事のストレスなどで体内の免疫力が低下してしまうと、とたんにウイルスの活動が活発化して、ヘルペス感染症が再発してしまうのです。
再発の場合には、初回のようなはげしい症状はないことが多く、見逃してしまいがちですが、特に女性の腟内のような体の奥まった部分で再発した場合には、おりものの量が急に増えるということがありますので、気になった場合には、すみやかに病院で検査を受けるべきといえるでしょう。
なお、バルトレックスは治療そのもののほかにも、予防的に使用することもできるようになっていますので、再発が頻繁にある場合には、予防目的で処方されることもあり得ます。

続きを読む