自分の性器は大丈夫、そういう人と関係を持たないから大丈夫。そう考えてはいらっしゃいませんか?絶対ということはないのです!ヘルペスはストレスなどでもなってしまうのです。いざという時の為にバルトレックスをお守りの様に持ちましょう。

2016年09月の記事一覧

膿が特徴のヘルペスのバルトレックスとホームページ

細菌や真菌、ウイルスなどといった微小な生物が、人体のバリアを越えて侵入してしまうと、腫れや発熱、痛み、かゆみなどといった症状をひきおこすことがあります。
これが感染症とよばれているものであり、ありふれた病気でありながらも、放置するとたいへんな事態になってしまうことがありますので、つねに警戒をしておいたほうがよいものといえます。
感染症のなかでも、単純ヘルペスウイルスとよばれるウイルスが原因となっておきるものとしては、口唇ヘルペスや性器ヘルペスといったものがあります。
口唇ヘルペスについては、比較的子どもがかかりやすい病気で、不衛生な状態にしているといつのまにか感染して、くちびるの周囲に水ぶくれが数多くできて膿がたまり、それがやがて破裂して痛みをともなうという症状が特徴的といえます。
社会的にも衛生状況が改善した今日では、子ども時代に口唇ヘルペスにかかって免疫ができるという人が少なくなっているのも事実であり、かわって注目されているのが性器ヘルペスのほうです。
この性器ヘルペスというのは、性行為によって感染する、いわゆる性感染症の一種ですが、これまでに単純ヘルペスウイルスに感染したことのない人がいきなり大人になってからはじめてかかった場合には、発熱やはげしい痛みといった、かなり重い症状となってしまうことがあります。
性器ヘルペスに関しては、社会的に蔓延する可能性があるため、厚生労働省のホームページ、あるいは国立感染症研究所のホームページなどでも情報提供がなされていますので、こまめに閲覧して情報を得ておくのがよいといえます。
性器ヘルペスにかかった場合には、バルトレックスのような特効薬を使って治療をするのが適当であるといえます。
バルトレックスを服用すると、体内のウイルスの増殖が抑制されますので、しだいに水ぶくれや痛みなどの症状もひいてゆきます。

続きを読む