自分の性器は大丈夫、そういう人と関係を持たないから大丈夫。そう考えてはいらっしゃいませんか?絶対ということはないのです!ヘルペスはストレスなどでもなってしまうのです。いざという時の為にバルトレックスをお守りの様に持ちましょう。

2016年11月の記事一覧

バルトレックスの即日服用の効果と服用回数の注意点

バルトレックスは主に、帯状疱疹、単純疱疹、性器ヘルペス、HIV、水疱瘡(水ぼうそう)などのヘルペスウイルスの感染が引き金で起こる唇がピリピリする、皮膚の粘膜に水ぶくれができるといった症状を抑制する効果がと特徴的な医薬品です。
バルトレックスの主成分でもある「塩酸バラシクロビル」には、疱疹やヘルペスの原因となっているウィルスを攻撃する作用を発揮する同時に、ウィルス自体の増殖を防ぐことができるので、理想的なのはヘルペスの発症と認識したら即日、通常の場合でも5日以内にはバルトレックスを服用することで、ウィルスの増殖を最低限に抑制できるので、ピリピリした症状や水ぶくれなどの症状を軽くすることが可能なのです。
またバルトレックスは1日数回、決められた錠数だけを服用するといったシンプルな飲み方ではありますが、単純疱疹か帯状疱疹かによって1日に服用する回数が異るので注意が必要です。
例えば口唇ヘルペスの場合の飲み方は、朝と夜に1錠ずつ1日2回の服用方法で、それに対して帯状疱疹の場合の飲み方は、朝・昼・夕の毎食後に2錠づつ服用する方法です。
そんなバルトレックスの入手方法は、一般的に病院でヘルペスと診断されると治療薬として処方されます。
さらに最近では法律によって個人使用が許可されたことによって、インターネット上などでの個人輸入や、通販サイトでも手軽に入手できるようになりました。
ヘルペスは完全治癒が困難で、1度発症すると体内にウィルスが残存する上に、症状が出始めたらすぐ即日に薬を服用すれば症状を軽減でき、特に病院では最低限の5日分しか処方してくれないのが一般的なので、予備薬としても個人輸入をしておくことがおすすめです。

続きを読む