自分の性器は大丈夫、そういう人と関係を持たないから大丈夫。そう考えてはいらっしゃいませんか?絶対ということはないのです!ヘルペスはストレスなどでもなってしまうのです。いざという時の為にバルトレックスをお守りの様に持ちましょう。

2017年01月の記事一覧

子供の水ぼうそうで微熱があるときにバルトレックス

ほとんどの子供が、幼少期に水痘が原因の水ぼうそうに罹りますが、初期段階では微熱が出たり、小さな水疱が体にできてくるので、気づく親御さんがほとんどです。
現代は子供の水ぼうそうの治療に、ウィルスの増殖を抑える働きのある医薬品のバルトレックスが使われています。
小児科や内科に通院をすると、バルトレックスが処方されるので、一週間程度は服用を続ける必要があります。
水ぼうそうの症状は、発症してから3日目ぐらいがピークになっており、少しずつ症状が改善されて、水疱が黒ずんできて、かさぶた状になります。
バルトレックスは、安全性が高く優れた医薬品なので、多くの小児科や内科で処方されています。
水ぼうそうは、ピークを過ぎると熱が下がってきますし、薬の効果で体調が良くなってきますが、十分な睡眠や休息を取らせてあげる必要があります。
水ぼうそうは、非常に感染力の強い病気なので、病気が治癒するまでは他のお子様との接触を避ける必要があります。
バルトレックスは、ヘルペスウィルスなどの増殖を抑える働きがあり、大人の口唇ヘルペスや性器ヘルペス、水疱などの治療にも使われています。
子供に服用をさせる時は、医師や薬剤師から聞いた副作用をきちんと理解をして、決められた分量や時間を守って服用させることが大切です。
バルトレックスを服用すると、辛い症状が少しずつ改善されてくるので、根気よく続けるようにしましょう。
健康なお子様の場合は、副作用が見られることは少ないですが、気になる副作用が見られる場合は、医師に相談するようにして下さい。
以前の日本では、水ぼうそうの治療にバルトレックスは使われていなかったですが、現代は大変ポピュラーな医薬品のひとつです。

続きを読む